2006年08月15日

インフルエンザ 2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ やぶ医師のひとりごと           第 2号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 18年1月17日発行 購読者数0名
──────────────────────────────


皆さん、こんにちは。

循環器内科医Dr. Iと申します。


このメルマガは現役の医師であるDr. I

健康、病気、病院等に関する情報を、

発信することを目的としております。



医師でないとわからない病気や薬、

病院
などの専門的な知識のこと。

大学病院病院医者の世界の裏話などを含めて

あまり堅苦しくならずに話をしていきますよ!



-----------------------------------------------------------------
 
第2回の今日は大好評?の前回に続いて、

今回も風邪インフルエンザについてです。

ところで、風邪っていったい何なんでしょうか。

風邪を知らない人はいないと思いますが、

医学的な風邪の定義を知っている人は少ないかと思います。

医学的に風邪症候群とは、

ウイルス感染によって生じる上気道の急性炎症。」

です。



上気道というのは、要は喉や鼻で、

そこに炎症が起こると喉が痛くなったり、咳や鼻水がでたりします。

急性というのは一週間とか二週間で良くなるということですね。

まさに、風邪って感じですよね。

具体的な原因ウイルスとしては

ライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス等があります。



夏風邪なんかはエコーウイルス、コクサッキーウイルスが

原因の場合が多いです。

子供だとロタウイルスやRSウイルスが多いです。

これら以外にもあり、数十種類位の風邪の原因ウイルスがあります。



一方、インフルエンザインフルエンザウイルスが原因で

上気道感染を起こし、高熱を出す病気です。

広い意味ではウイルスが原因の上気道感染なので、

インフルエンザ風邪の一種なのですが、

一応インフルエンザ風邪は別物として扱う場合が多いです。

インフルエンザとただの風邪は症状も違うのですが、

大きく違うのは治療です。

十年位前までは基本的にはどっちも安静にしているしか

なかったのですが。



インフルエンザはここ数年で、タミフルという

抗ウイルス薬ができたので、それを飲む場合が多いです。



ちなみに日本だけで世界の70%タミフルを消費しています。

風邪の場合は今でも対症療法しか治療はありません。

対症療法というのは、熱が出たら熱を下げる、

咳が出たら咳を止める、というようなその場しのぎの治療です。



前回のメルマガでは風邪インフルエンザの違いは、

インフルエンザ高熱がでる事と書きました。

しかし、風邪でも高熱がでる場合もあります。

それは、風邪気管支炎や肺炎を合併した場合です。

気管支炎や肺炎は、最近が気管支や肺に感染して、

結果的に熱をだします。



こうなったら、早めに病院に行った方が良いです。

風邪抗生剤を投与しても、ウイルスが原因なので

意味がないのですが、この二次感染予防のために

風邪でも抗生剤を出す医師もいます。

古い先生や開業医で自分の所で薬を出している病院なんかは、

出すこともあるようです。

ちなみに、先進国の中で、風邪抗生剤を出す国は日本しかありません。

当たり前ですよね、風邪には効かないんですから。

と、いうことでとりとめなくなってしまいましたが、

今回は風邪インフルエンザの違いについてでした。



あくまでも、一般論ですから。

風邪だけで高い熱が出ることもありますし、

インフルエンザで熱が出ないこともありますからね。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        
【今日のまとめ】                                         

風邪とは、ウイルス感染によって生じる上気道の急性炎症である。

風邪インフルエンザでは治療が違う。
 
 風邪は対症療法のみ。

 インフルエンザには抗ウイルス薬がある。

風邪でも気管支炎や肺炎が合併すると、高熱が出る。

 そうなったら、早めに病院へ。
                 
風邪ウイルスが原因なので、抗生物質は効かない。
          

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【編集後記】

今回は前回に引き続き、インフルエンザ風邪についてでした。

前回のメルマガで、文章が長すぎて読みにくいという

貴重なご意見をいただきました。



今回はその意見を取り入れて、なるべく短くしたつもりです。

このようなご意見も含め、どんな意見でも待っていますので、

何か気になることがあれば、ご意見待ってまーす。


==============================

購読ありがとうございます。

発行者 Dr. I







【関連する記事】
posted by Dr. I at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間ひいた夏風邪がひどくて辛くて「風邪って何…」と思っていたのでタイムリー♪
私は抗生剤も出して戴いていた様です。
風邪自体より、喉が痛いので出して下さったピーエイというお薬が眠くて×2眠り姫の様に12時間寝ていたり無理矢理仕事に出て眠気でフラフラしているのを風邪のフラフラと周囲が心配してくれましたf^_^;スタミナが欲しい私です。
Posted by エビ at 2006年08月15日 23:29
>エビさん

結構な熱が出ているか、喉がかなり赤ければ抗生剤を出しても良いと思うんですけどね。
風邪薬は、眠くなっちゃう人も多いんですよ。
スタミナつけて下さいね!
Posted by Dr. I at 2006年08月17日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22389176

この記事へのトラックバック
<% content.title %>
<% content.header -%>
○リンク集
健康、病気なし、医者いらず

「やぶ医師のつぶやき」〜健康、病気なし、医者いらずを目指して

産婦人科医てんつゆのしょーもない雑談

ドロップアウト産婦人科医の生活

一念発起!医者の卵の医雑学・奮闘日誌

女医ななこのひとりごと

mameta医師の共働き育児日記

やな社長の健美中心

子持ち整形外科医のつぶやき

Dr.半熟卵のつぶやき〜産婦人科医の日記〜

女医日記

「ハート・コンシャス」,心の病気になる前に

心と体にやすらぎを♪医食同源倶楽部

横着者の健康法

その症状!起きろ糖尿病予備軍

明日もナース

毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

ナースマンの病棟日誌

代替医療ドットコム

カブシキ

代替医療ドットコム

研修医うさこのどたばた奮闘記

新米ブロガーでも稼げる!究極ブログアフィリエイトテクニック

いなか小児科医

うっかり女医ゆきの(裏)精神科日記

一滴の血液があなたを救う

伊関友伸のブログ

34歳医者のガン漂流!operation!

女医風呂 ♪医学部&病院ないしょ話♪

ザウエリズム

外科医の育つまで

開業医 つれづれ日記

整形外科医Dr.フーの超メッ!

ぜんそく大辞典、ぜんそくクイズ

<% /loop -%> <% content.footer -%>
<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ
日記(0)
インフルエンザ(2)
心筋梗塞(1)
糖尿病(0)
高血圧(0)
高脂血症(0)
肥満症(0)
生活習慣病(0)
高尿酸血症と痛風(0)
無料レポート(3)
熱中症(1)
新着記事
(04/15)心筋梗塞
(08/21)熱中症1
(08/15)インフルエンザ 2
(08/01)日本一わかりやすい!「糖尿病」
(07/30)無料レポート集、医療系2
過去ログ
2007年04月(1)
2006年08月(3)
2006年07月(2)
2006年06月(1)
最近のコメント
心筋梗塞 by どきんちゃんメール (02/17)
心筋梗塞 by 世界プルルン滞在記 (02/15)
心筋梗塞 by デ コ ログ (01/24)
心筋梗塞 by 阪神ジュベナイルフィリーズ (12/03)
心筋梗塞 by おっぱい (09/23)
最近のトラックバック
心筋梗塞 by まげフ(12/02)
心筋梗塞 by ふりす(11/30)
心筋梗塞 by アレルギー情報ナビゲーション!!(06/27)
インフルエンザ 創刊号  by 医薬品のマメ知識(08/15)
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。