2006年06月04日

インフルエンザ 創刊号 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ やぶ医師のひとりごと        創刊号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 18年1月5日発行 購読者数0名
────────────────────────────


初めまして。

循環器内科医Dr. Iと申します。

このメルマガは現役の医師であるDr. I
健康、病気、病院等に関する
情報を
発信することを目的としております。

医師でないとわからない病気や薬、病院などの
専門的な知識のこと。
大学病院や病院、医者の世界の裏話などを含めて
あまり堅苦しくならずに話をしたいと思います。

------------------------------------------------------------

創刊号の今日は、今はやりの
インフルエンザに関しての話をしていきます。


みなさんの周りではもう、インフルエンザはやってますか。
私の周りではまだそれほどでもないみたいです。

先日の厚生労働他の発表では、
今シーズンのインフルエンザは
過去10年間で2番目に早く、はやり始めたそうです。

皆さんもうご存じかもしれませんが、
インフルエンザというのは
インフルエンザウイルス
に感染して、高熱関節痛などの
症状が出る感染症です。

普通の風邪との違いは、
38℃以上の高熱が出ることです。
ただの風邪の場合は、普通そんなに高熱はでません。

インフルエンザの治療は10年くらい前までは、
ただ安静にしているしかなかったのです。
しかし、インフルエンザウイルスに対する
抗ウイルス薬が登場してからは、
薬を飲むという治療も出来るようになりました。

タミフルという薬もインフルエンザの薬で、
日本では5年位前から発売されており、
今ではインフルエンザにかかった人の
ほとんどに使われています。

最近新聞やインターネットでこのタミフルの副作用で
異常行動とかが発表されて、本当にこの薬を飲んで良いか
迷っている人もいるのではないかと思います。

ではインフルエンザにかかったらどうしたらよいのでしょうか。

方法は2つあります。

 1,病院に行ってタミフルを処方してもらう。
 2,家で安静にして水分を十分にとる。

この2つですね。
一番良くないのは病院に行ってタミフルを処方してもらったのに
飲まないというものです。

1に関してですが、タミフルをインフルエンザ発症後
48時間以内に飲むと、インフルエンザが早く治る
という事は、証明されております。

一方タミフルの副作用と言われている異常行動ですが、
これはまだタミフルのせいであると決まったわけではありません。
その頻度も0.1%とか非常に低いです。
ですから、ものすごく低い副作用にこだわって、
病状を悪化させる位であれば薬を飲んだ方が良いと思います。

ただし、念のため特に子供の場合は薬を飲んで数日は
目を離さないようにした方が良いと思います。

2に関してですが、基本的には
若い人はこれでも良いと思います。
昔はこれしか方法がなかったわけですし、
若い人であれば自然治癒力でたいていは治りますから。
ちょっと前に厚生労働省も、新型インフルエンザが
はやった場合は、人に移すこともあるから
出来るだけ家で安静にしていろ、と言っていましたしね。

この方法の良いところは、
 1、人にイインフルエンザを移さない。
 2、無理に病院に行って体力を使わない。
 3、病院に行って、逆にインフルエンザ
(本人がインフルエンザで無かった場合)や他の風邪などを移されない

などがありますね。

そういう事で、インフルエンザにかかったら、
病院に行ってタミフルを処方してもらうか、
家で安静にして水分を十分に取るのが良いと思いますよ。

ただし、高齢者やものすごく高熱があって
水分が十分に取れない時や、
他に病気があって体が弱い人。
こういった人は、早めに病院に行った方が良いので
これは覚えておいて下さいね。


ただの風邪高熱がある場合もありますし、
インフルエンザ高熱が出ない場合もありますから、
多くの場合はって事ですよ。



 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        
【今日のまとめ】                                         

インフルエンザと普通の風邪の違いは、
 インフルエンザは38℃以上の高熱が出ることです。

インフルエンザにかかったら、病院に行って
 タミフルを処方してもらうか家で安静にして水分を十分にとる。

■高齢者や水分が十分に取れない時、
 他に病気があって体が弱い人などは、早めに病院に行く。                            

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【編集後記】

メルマガ書くのってすごく大変なんですね。
始めての事ばかりで、ものすごく時間かかってしまいました。
一週間に一回位を目標に発行していきたいので、
応援よろしくお願いします。
今日言ったことはあくまでも目安ですので、
もしわからない場合は早めに病院に行くというのも
一つの手ですから、
そこらへんは臨機応変にお願いします。



==============================

購読ありがとうございます。

【連絡先】 yabuishi2000@yahoo.co.jp

あなたのご意見・ご感想お待ちしております

【発行者】 Dr. I

【登録・解除はコチラ】 
 
http://www.mag2.com/m/0000180417.html

【ブログもよろしく】 
 
http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/

m3.com:  http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki


【無料レポート】

「大学病院のうそ」〜現役医師(Dr. I)が暴露する、
大学病院の秘密  

http://mailzou.com/get.php?R=442&M=385


日本一わかりやすい!「糖尿病」

⇒ http://mailzou.com/get.php?R=441&M=385


===========================



posted by Dr. I at 18:56| Comment(2) | TrackBack(1) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<% content.title %>
<% content.header -%>
○リンク集
健康、病気なし、医者いらず

「やぶ医師のつぶやき」〜健康、病気なし、医者いらずを目指して

産婦人科医てんつゆのしょーもない雑談

ドロップアウト産婦人科医の生活

一念発起!医者の卵の医雑学・奮闘日誌

女医ななこのひとりごと

mameta医師の共働き育児日記

やな社長の健美中心

子持ち整形外科医のつぶやき

Dr.半熟卵のつぶやき〜産婦人科医の日記〜

女医日記

「ハート・コンシャス」,心の病気になる前に

心と体にやすらぎを♪医食同源倶楽部

横着者の健康法

その症状!起きろ糖尿病予備軍

明日もナース

毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

ナースマンの病棟日誌

代替医療ドットコム

カブシキ

代替医療ドットコム

研修医うさこのどたばた奮闘記

新米ブロガーでも稼げる!究極ブログアフィリエイトテクニック

いなか小児科医

うっかり女医ゆきの(裏)精神科日記

一滴の血液があなたを救う

伊関友伸のブログ

34歳医者のガン漂流!operation!

女医風呂 ♪医学部&病院ないしょ話♪

ザウエリズム

外科医の育つまで

開業医 つれづれ日記

整形外科医Dr.フーの超メッ!

ぜんそく大辞典、ぜんそくクイズ

<% /loop -%> <% content.footer -%>
<< 2006年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
日記(0)
インフルエンザ(2)
心筋梗塞(1)
糖尿病(0)
高血圧(0)
高脂血症(0)
肥満症(0)
生活習慣病(0)
高尿酸血症と痛風(0)
無料レポート(3)
熱中症(1)
新着記事
(04/15)心筋梗塞
(08/21)熱中症1
(08/15)インフルエンザ 2
(08/01)日本一わかりやすい!「糖尿病」
(07/30)無料レポート集、医療系2
過去ログ
2007年04月(1)
2006年08月(3)
2006年07月(2)
2006年06月(1)
最近のコメント
心筋梗塞 by どきんちゃんメール (02/17)
心筋梗塞 by 世界プルルン滞在記 (02/15)
心筋梗塞 by デ コ ログ (01/24)
心筋梗塞 by 阪神ジュベナイルフィリーズ (12/03)
心筋梗塞 by おっぱい (09/23)
最近のトラックバック
心筋梗塞 by まげフ(12/02)
心筋梗塞 by ふりす(11/30)
心筋梗塞 by アレルギー情報ナビゲーション!!(06/27)
インフルエンザ 創刊号  by 医薬品のマメ知識(08/15)
記事検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。